ネットの狭間から

「いっちょやってみっか」くらいの気持ちでスタート。基本的にサブカル寄り。

Evernoteの動作が重たい時にやっておきたいこと

色々なWebサービスは利用しているけど、私が利用しているものの中で最も重要なのはEvernote

ノート系はEvernoteOneNoteの2本立てで使っているけど、Webクリップをしたデータが最初に格納される場所ため、ここから整理しています。

 

 

ここで紹介するのは、Windows版のクライアント。

このアプリは、使い続けるとどんどん動作が重たくなっていきます。

パソコン内にキャッシュを作るタイプだと、使い続けるとどうしても無駄が出るからです。

 

Evernoteのキャッシュを整理する方法は2つあり、1つは最適化、もう1つはキャッシュをまるごと作り直す方法です。

1.キャッシュの最適化

これはEvernoteの[ヘルプ]をctrlキーを押しながらクリックすると表示されるメニューから選択。

f:id:K-NO:20190104234137p:plain

Evernoteのデータベースを最適化

クリックさえすれば自動で進めてくれるので、とても簡単です。

2.キャッシュの再構築

これはオプションにあるこの部分に保存されているファイルを削除し、クライアント再起動で同期をして全データをダウンロードし直す作業になります。

f:id:K-NO:20190104234832p:plain

ファイルを全部削除するとオプション類まで初期化されますが、どうせやるなら徹底的にやっておくと後腐れないですね。

 

どれだけのデータがあってどれだけのペースでデータを保存しているのかにもよりますが、通常は動作が重たいと感じたら1を試してみて、効果がなければ2の方法を試してみると良いです。

最適化ならあまり時間もかかりませんが、再構築は数時間以上かかる作業になることもあります。

 

あまりやり過ぎるとサーバーへの負荷が大きくなるのでおすすめできませんが、動作が重いとかデータが一部表示されないなどの症状が出た時は、大抵この方法で解決できます。

Webクライアントで表示した時に正しい状態なら、まずこの方法を試すと良いです。