ネットの狭間から

「いっちょやってみっか」くらいの気持ちでスタート。基本的にサブカル寄り。

『Fate/stay night [HF]」Ⅱ.lost butterfly』を観てきた。

2019年がスタートして間もないけど、いきなり最大級の映画がやってきた。
実際のところ、ちょっと延期していたような気がするけど、このクオリティなら文句なし。

 

f:id:K-NO:20190113002639j:plain

Fate HF 2

 

 

舞台挨拶ライブビューイング付きで観てきたけど、これがあるから作品の見どころがさらにわかりやすくなって、2回目3回目が楽しみになる。
……フィルム特典があるからどうせ行くことになるのだろうけど、1月と2月は映画が多いからとてもつらい。

それはさておき、本作の見どころはセイバーオルタとバーサーカーの戦闘アクションから始まり、各キャラクターの「葛藤」や「決断」へ至る話。

いつもネタ枠あつかいされる間桐慎二だけど、この映画での彼は置いてけぼりにされながらもどのような心理状態なのかがわかりやすくなっている。
彼に対してここまでフォーカスされている作品は珍しいけど、これがあるからこそ桜の話って感じもする。

HFシリーズは3本の劇場版にまとめるために色々な部分が省略されていることもあるけど、本当に重要な情報はむしろ強調しているくらいなのでとても良い作品だと思う。

 

あと忘れてはいけないのが、主題歌「I beg you」

前章主題歌の「花の唄」も作品にマッチしていたけど、これぞ主題歌という出来の歌が少なくなってきている中でこれはとても嬉しい。

※タイアップ曲という全然関係ないテーマの歌をねじ込む謎の文化はいらないです

 

それにしてもオルタとバーサーカーの戦いは、これは本当にFateシリーズだっただろうかと思えるくらいハチャメチャが押し寄せてくる映像だった。
これはもう1回観たいので、入場者特典の早期発表を待っています。